上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユニコーンに行く前に、少し時間があったので軽く腹ごしらえ。

とにかくよく動くので、すぐお腹がすくのです。

157.jpg

「豚丼」♪(“軽く腹ごしらえ”のつもりが、ついつい…)

大体どれも500円くらいです。


あと、これも。
143_20090817233028.jpg

マンゴーのかき氷。

それにしても熱狂の渦に包まれたYOUR SONG IS GOOD のライヴ。

麦わら帽子もこんなことになってしもた。。。。。

↓↓↓↓↓↓





154_20090817233058.jpg

あ~あ~(汗)
ライジング行く前に買ったばっかり。。。
激しいライヴにこんなの持って入っちゃいかんよねぇ。そりゃペチャンコになるわぁ。反省反省。

で、着ていたTシャツもズボンも汗でびちゃびちゃ。

ユニコーンまで1時間30分あるから、一度テントへ戻って着替えることに。
って言っても歩いて30分かかるんですけどねー。

これがほんとめんどくさいっ!
やっぱりテントサイトはHEAVEN'Sがいいっ!!
レストランもいっぱいあるしっ。

テントへ帰る途中、サンステではBEGINがライヴ中。

BEGINのライヴってどんなだろう??
って思いながら歩いていると、何だか皆、楽しそうだぞ?

エイヤッサー

「エイヤッサー」の掛声に合わせてみんな踊ってる!
北海道が沖縄になっちゃった~。
音楽聴いて、楽しそうにしてる人見ると、こっちまで楽しくなっちゃうねぇ。

そしてこのBEGINの次が、我らがUNICORNですっ。

15分くらい前だったかな、着いたのは。サンステの前はすでに、たくさんの人!

ドキドキ緊張感高まるなか、ユニコーン登場。

一曲目は

ひまわり

ユニコーンのライヴは4月の終わりにあった広島グリーンアリーナ2days以来。

その時も一曲目はひまわりだった。
その時の感動を思い出しつつも、
「ユニコーンの再結成にだいぶ慣れて来たな、自分。」と意外と冷静。

で、次に始まったのが、早くも

服部!!!


これで一気にお客さんが盛り上がって、前に駆けだす人多!!
これは付いて行くしかない!!!!とさっきまでの冷静な自分はどこへやら。
スルスル~っと前の方へっ!!(といっても真ん中よりは後ろですが。)

そして「服部」大合唱!

あとは怒涛のように押し寄せるユニコーンヒットソングの数々!

セトリを拾ってきたんですけど、改めて見ても、にくいねぇ~~このセトリ。

01. ひまわり
02. 服部
03. ペケペケ
04. オッサンマーチ
05. BLACKTIGER
06. R&R IS NO DEAD
07. 自転車泥棒
08. すばらしい日々
09. 働く男
10. WAO!
11. ヒゲとボイン
12. 大迷惑
13. HELLO


働く男」から下は、曲が始まる度、お客さんの歓喜の声が凄かった。

私の横の男子が、「ヒゲとボイン」聴きたいってずっと言ってたから、
ヒゲとボインのイントロが流れた瞬間、
思わず、彼の方向いてハイタッチ求めようかと思ったよ。良かったねぇ~!!!って。

で、次は「大迷惑」だし!もうみんな、大合唱で民生の声が聞こえん(笑)

民生が「ユニコーンです。これからもよろしく。 」なんて言うから、泣けてきちゃうし。

やっぱりユニコーンは凄かった。曲が良すぎるっ!



ユニコーンの凄さと会場の異常な盛り上がりに感動しつつ、

次はいよいよ、大本命!東京スカパラダイスオーケストラ!!!

ユニコーンが終わったのが19時40分。

スカパラは、サンステより遥か奥、ボヘミアンガーデンで23時10分からライヴです。

結構時間が空くので、夕食を食べながら、SOIL&"PIMP"SESSIONS
を聴く。これまた贅沢。

20時ごろ、花火が上がる。
20090819070924


なんだか、いたれりつくせり。すごいな。ライジング。
その反面、花火を見ながら、明日の朝、夜が明けると広島に帰るんだなぁ。
とちょっと寂しくもなったり。。。



広島に帰る前に、もうひと暴れしまSKA!?



スカパラのライヴが行われるステージがとても小さいので少し早めに行く。

Dachamboっていうバンドがライヴをしてて、それを後ろの方で
座って、半分寝ながら聴く。


Dachamboが終わったらステージ前へ。

前から6~7列目を確保。
Dachamboのライヴの前列の方はほとんどスカパラファンだったのかな?
ってほど、人の入れ替えが少ない(笑)

でもステージと最前列の柵がとても近いので、6~7列目とは思えないほど、
ステージに近い。

次第に人がどんどん集まって来て、ライヴが始まる頃には後ろの方までいっぱいに。



そして、いよいよ、



メンバーがステージに登場!!!



ここで、後ろからものすごい圧力がかかる!!!

後ろの人たちが一気に前に押し寄せてきた!!!

後ろだけじゃなく、右からも左からも!



人の足は踏むし、自分の足の置き場がなく、倒れる寸前!
むちゃくちゃ、押されて呼吸もきつい。






こりゃ無理だ…。






あっさり諦め、私はスルスルと後ろへ下がった。
曲にして、まだ2曲目。




でもちょっと後ろへ行ったぐらいじゃ、まだぎゅうぎゅう。

ぎゅうぎゅうの後ろは若者たちがモッシュしており、さらにその後ろへ。

ここまで下がると少しゆとりがあった。


こんな後ろで、こんなモッシュが起きてたら、前の方の人は相当苦しいだろう。


スカパラのファンって30代40代がたくさんいる。
でも今回のライブハウスツアーで思ったけど、若い子もたくさん増えてる。

せめて、アーステントのような危険を避けるための柵があればよかったけど…。



ライヴの中盤、次の曲がなかなか始まらないな、と思ったら、

最前列?の方から、女性が2人、スタッフに助け出されていた。ぐったりしている。

川上さんが「みんな一歩後ろに下がってー!」って。


うちのダンナも顎に思いっきりエルボを食らって、こりゃだめだと思って、
ステージ横に逃げて、そこでゆったり踊ってたそうな。




まぁとにかく、激しくて。




メンバーもお客さんも微妙な空気に包まれつつ、ライヴは続き、
それでも、その後は多少、みんな周りの人を気遣ってたような気がするけど、どうかな。



ラストの『愛の賛歌』では、私の周りの人たちが肩を組み始め、次第にそれが円陣になって

グルグルと回りだした。

なんかそう言うのは楽しかったなぁ。気づいたら自分も輪に入って回ってて。


あとは、加藤くんがしてたサングラス!!太い白ぶちで、でかい!(汗)
だれか突っ込んで~~!!! 
いつぞや、谷中さんがしてた塩沢 ときメガネを思い出させるようなサングラス。
ライジング仕様であって欲しい…。


NARGOさんはもう課長さんメガネが超しっくりきちゃってて。
慣れましたね。
髪型は無造作にツンツンさせてて、????ではありましたが。


谷中さんは髪が伸びてたなぁ。伸ばすのかなぁ??
結構気になった。







で、

セットリストは覚えてるのだけ。

Heaven's Door
SKA JERK
スカミー
スキャラバン
Pride of Lions
White Light
愛の讃歌


少なくてすいません~。

追記:セトリ拾って来ました。
Like Jazz On Fire
5days of Tequila
A song for Athletes
HEAVEN'S DOOR
勇者の証
トーキョースカ・メドレー
   ホールインワン
   SKA JERK
   Jamaica SKA
   Lucky Seven
スキャラバン
そばにいて黙るとき
SKA ME CRAZY
THE LOOK OF LOVE
Pride of Lions
White Light
愛の讃歌



そんなこんなで、無事スカパラも終わり、テントへ戻って、帰り支度&睡眠です。

勝手にしやがれが2時30分から始まるけど諦めた。体がクタクタ。

大トリのthe pillowsが始まる4時30分まで寝ました。







そして、the pillowsを聴きながら







ライジングサン


RISING SUN



凄かったな。この2日間。



感動と感謝の連続。




初日以来、鼻血も出てないし。




色んな意味で良かった。




さて、帰ろうか。名残惜しいけど。








石狩を後にし、新千歳空港へ。



家に着くまでがライジング。


さぁ!

広島に着いたら、あんこが待ってるぞ~~~!!!



ライジング参戦日記。番外編に続く♪





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mixanko.blog118.fc2.com/tb.php/411-6228053f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。