上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行って来ました。
8月14・15(15日はオールナイト)で北海道であった
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO

初参戦です!!


まず、14日(金)の朝4時30分起床! で、5時30分、家を出る。
ここでいきなり、

まさかの・・・・・・・

まさかの、




鼻血!! 





これで結構時間ロスしてしまい、慌てる出だしとなってしまいました。
突然の鼻血…。「なんで今やねん!そしてなんで鼻血やねん!」
三十路も半分過ぎると、突然何が起こるかわからないものだねぇ。
皆さんも気を付けてっ。

でもなんとか、新幹線や、飛行機などには乗り遅れることなく無事現地到着~。


ついにやって来ました!!! 夢の大地RISING SUN ROCK FESTIVAL !!!
到着は12時過ぎだったかなぁ。
よく、入口ですごく混むって聞くけど、まったくそんな事はなく10分くらいで入場しました。


これが入口。
027_20090816202636.jpg

天気は曇り。結構涼しい。
正直、着いた時は飛行機やバスで爆睡してたので、あっという間に着いちゃって
遥々北海道まで来たって感じが湧かなかった。


でもこの入場ゲートを見ると…そしてたくさんの人達を見ると…



ついに来たーーー! 


って気分に。

サンステ

右奥に見えるのがサンステージ。一番大きい。

ユニコーンなんかはここでライヴです。



到着したらまずはテント張り。
私たち夫婦がテントを張る場所はこの広大な敷地の一番奥、フォレストテントサイト。


これが歩くんだ。

私たちは犬の散歩に慣れてるせいか歩くのが早い。
スタスタスタスタ歩く。
その私たちでも入口から20分以上かかる。

本当に広いんだなぁってここで改めて実感しました。

靴をトレッキング用にしといてマジで良かった。


テントを張り終えたら、腹ごしらえ♪

ライジング初の食事は
044.jpg

「かつ丼」

本当は豚丼が食べたかったけど、この辺のレストランサイトには無かった…。
けど、全然うまい!屋台だからあまり期待してなかったけど、美味しい!

その後もいろんなお店で色んなものを食べたけど、どこも美味しかったです。
『ライジングは食事が美味い』は本当だった~!



腹ごしらえが済んだら、いよいよ私達的、この日初のライブ参戦、


RIZEの会場へ!!!

アーステントです。
147.jpg
名前の通りテントになってます。中はモッシュの嵐。
テントが無かったら暑くて倒れる人続出だろうな。

RIZEのライヴは初めてです。
RIZEは最近はあまり聴いてなかったけど、一時期『NAME』っていう曲が大好きで
よく聴いていた。

まさかやらないよね?って思ってたけど

ライヴ中盤あたりで、、『NAME』ギターソロが聴こえた瞬間

ウォーー!!! 」と私!
が、それ以上に周りのお他のお客さんがウォーーーー!!
この爆発感が凄くって!
やっぱりお客さんはメンズが多いから、ハンパない盛り上がり。

ダイブも次々起こる。

ライヴ中、東南アジア系のスタッフが常にお客さんを見てて、
お客さんがダイブしたら、すごい速さで助けに行くんだよね。

助けるっていうか、ステージと最前列の柵の間の通路に引きずり降ろすって感じ
なんだけど。

それがテキパキしてて動きが超速い。数人のスタッフと連携作業で
見事な仕事っぷり。慣れたもんです。
なぜか東南アジア系。

ダンナは「サモアだな。」って言うんだけど、サモアってどこなんだか。

で、降ろされたお客さんが足早に去って行く姿に笑ってしもた。

で、RIZEのボーカル・ギターのJESSE
ステージにお客さんを引っ張り出して歌わせたり、
ステージ降りて最前列のお客さんの前の柵にあがって演奏したり。
尋常じゃない盛り上がりでした~。

以前父親のCharさんのラジオを聴いてた時期があって
Charさんってすごい息子さん想いだなぁって思ってたけど、
JESSEも愛情溢れた人だったな。言ってることがすごい真面目だし。



で、次は

REDEMPTION 97!!!!

今年のライジングで絶対観ると決めてたバンドの一つ!
Tsuda(ex. KEMURI)とRyoji(ex. POTSHOT)からなるスカパンクバンド。

REDEMPTION 97のライヴが始まるだいぶ前、
サンステージ横の通路で携帯で話しているベースのTsudaさんを発見!

しかもやっぱり皮ジャン!涼しいとはいえ皮ジャンは暑いだろうに…。
期待を裏切らないね。
私服がネルシャツとかだったらガッカリしちゃう。


ライヴもこれまた盛り上がる、盛り上がる。
お客さんのテンションも普通じゃない!
KEMURIファンにとってはこのバンドがライジングのメインって人も多かったと思う。
KEMURI Tシャツも着てる人多かったし。


Ryojiさんは、おどけて「新人バンドですから!」なんて言ったり。
「次は新曲です。ノリノリガンガンで行ってください。ねぇアニキ!」
ってTsudaさんに振ったら

Tsudaさん「まぁ普通に。」って(笑)

初めて観たヴォーカルのRyojiさんはすごい爽やかでした。
爽やかだけど、濃いキャラって感じ。かなりのマイペースとみた。

お客さんも超盛り上がってるけど、Ryojiさんもすごい楽しそうで。笑顔がいい!
それを見てるとどんどん引きつけられる感じで、この人はセンター(ボーカル)以外
考えられないなと思った。

新曲も半分くらいあったけど、どれもノリやすくてめちゃくちゃ楽しかったです。
4曲入りの1st SingleGood Friends Good Music
からはほとんどやったと思う。

踊りまくって、REDEMPTION 97が終わった時点でだいぶ力を使い果たしてしまった。


時刻はもう19時。
19時半からの日の出食堂(←バンド名です。)はすでに入場制限がかかっており、
それにも関らず会場前は長蛇の列で私達は諦めた。

日の出食堂のライヴが行われるCRYSTAL PALACE(約800人収容)

050.jpg


日の出食堂はスカパラのメンバーが出てるので残念だったなぁ。
もっと広い会場でやってくれ~~~!!!


で、まぁゆっくりビールでも飲んで夕食を摂ることに。
ビールととうもろこし

ライヴ後のビールが美味すぎ。フェス最高。幸せすぎて泣きそうな瞬間の写真です。

他に食べたのは、汁なし麺。
055.jpg

汁なし坦々麺が大好きなので、注文してみたら麺が極太で固めだった。
そばとうどんの中間くらいかな。

ここでも豚丼にはめぐり逢えず…。他を歩いて探せばあるんだろうけど
すぐにビールが飲みたかったので近場の屋台であるものを食べました。

あとフランクフルトがやたら売っててすごい美味しいの!!
大きいし、プリプリしてるし、ライジングの2日間で3本くらい食べました。

そしてのんびり歩きながら、自分達のテントサイトへ。

途中、一番大きいSUN STAGE吉川晃司が『モニカ』を歌ってるし、
グリーンオアシスからは真心の『拝啓、ジョン・レノン
が聞こえてくるし。

贅沢極まりない。全部見たいけど見てたら死ぬわ…。


テントサイトに戻ると、すぐ近くの小さいステージボヘミアンガーデン
武藤昭平(勝手にしやがれ)withウエノコウジさんがライヴを
していた。
武藤さんの声が、他の賑やかなステージから遠く離れた静かなボヘミアンガーデンで、
よく響いてステキだった。これまた贅沢極まりない。


そのあとRED STAR FIELDハナレグミを聴く。

昼間のレッドステージ
レッド

これがすごい人!!!レッドの会場に溢れ返る人・人・人!!

ホントすごいわぁ。
レゲエ風な格好した永積さんが『音タイム』や『家族の風景
をしっとり歌いあげる。
初めてハナレグミを観た人も立ち止まって聞き入っちゃったんじゃないかなぁ。

途中、スチャラダパーのBOSEさんが入って空気が一気に変わる!みんな踊る踊る!
後ろの女の子たちが大喜びしちゃってて、スンゲー可愛かった♪


で、ハナレグミは途中だったけど、23:10から始まる
LOSALIOS feat. SOUL REDのライヴへ。

ロザリオスのライヴハウスが、さっきの日の出食堂と同じクリスタルパレス
また入場制限がかかったらいけないので、今度は入れるように早目に行きました。

しばらくクリスタルパレスで待つ。
あっちこっちにスカパラのライヴで良くお見かけする方々が…。
ロザリオスはギターがスカパラの加藤くんだし、今回谷中のあっくんも出ると言うことで
スカパラファン率が高い。

待つこと1時間。
ライヴ始まる。


が、ここで


激しい睡魔が…


待ってる間が長過ぎて眠くてしょうがなかった…。
そう言えば今朝は4時半起きだった。。。

足もピークに…。

せめてステージが見えれば良かったが、前から5列目をキープするも
ステージが低くてメンバーがほとんど見えない。

なんとか見えた加藤くんは袖の短めのぴったりとしたTシャツ。
スカパラの時のように、お客さんを煽ることなくクールに演奏。
それでも聞いてたよりは割と動いてたかな?

しばらくして、あっくん登場。
キャップをかぶった谷中さんはどっかのディレクターの様。

で、まさかの

朗読。

内容は忘れちゃったんだけど、声が高かったって事は覚えてます。


とにかく、睡魔がぐわぁんぐわぁんやって来て…。必死で耐えた状態でした。
ライジング2日間通して、ココが一番きつかったなぁ~。

なので、アンコールが起こってる中、帰りました。
帰るにしても歩いて30分以上かかるから、もうテントに戻った時はヘトヘト。

テントの近くのボヘミアンガーデンでは稲川淳二怪談をしている。

私は怖い話が超苦手で、聞きたくないと思ってるのに耳に入って来る…。
しかもさすが、17年もやってるだけあってお話が上手。
ついつい耳が吸い寄せられて・・・・。


全然寝られん。


仕方ないので、耳腺して寝ました。
ダンナは「稲川淳二結構楽しみだな」なんて言ってたけど、


2秒で寝てた。


気になってた夜の気候。
やっぱり涼しかったけど思ったほど寒くなく。

じっとしてると羽織り系は必要だけど、歩いてると半そででもいいくらい。
私は中綿ダウンを持って行ってたけど、Tシャツにそれで十分過ごせました。
今年はあまり寒くならなかったのかも。

テントは湿気はあるものの、結構快適でした。
しっかり熟睡出来ました。

」は。

2日目の午前中、地獄のテント内になりましたが…。


こんな感じで初日終了!

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO 参戦日記『ありがとうライジング』の巻へ続く。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mixanko.blog118.fc2.com/tb.php/409-78a842d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。