上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月27日

BINGO BONGO SOUNDS x AOHIGE presents
冷牟田竜之 (ex.TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA)


行って来ました。

010_20090629065946.jpg
スカパラ脱退後一年、遂に活動開始された冷牟田さん。

しかも「福岡」という事で行って来ました。



赤坂ウイング7F『GOLD』 で21時スタート



私は仕事終え17時半に博多駅に到着。
イベントが始まるまで、8月に行く夏フェスRSRの準備に
広島にはないアウトドアショップを巡ってシューズとか服を探す。

色々巡ってたらもう、20時半。
博多でお気に入りの料理屋で急ぎ目の飲み&食事をして、
いったんホテルに戻り着替え、いざ『GOLD』へ。


着いたのは22時位。
お客さんはすでに結構います。その後もどんどん増えて来ました。

スカパラのライブでお見かけする方々がいて、緊張が高まりました。
本当に冷牟田さんが来るんだ…って…。

1時間くらいお酒を飲んだり音楽を聴いて、
冷牟田さんはまだまだずっと遅い時間だろうと思ったので、
一度会場の外へ。


外は雨。
コンビニに行ったりしながら、GOLDの入口(エレベーター)の奥で雨宿りをする。


ここで時間を潰しているうちに、

もしかしてここにいたら冷牟田さん来るんじゃない?



と思いつく。


そして、ダンナと待つこと1時間。





土砂降りの雨の中、一台のタクシーが止まった。





男性2人がタクシーから降りて、小走りでエレベーターの入口に向かう。
うつむき加減の二人。顔が良く見えない。




「ちがうか…」







「ぃや…」














冷牟田さんだ!!!!! 







時間はちょうど0時ごろ。


ついに冷牟田さん登場。




一年ぶりに見た冷牟田さん。

私の素直な感想は…





本当に存在したんだ…






一気に緊張が高まる。
とりあえず一緒のエレベーターは避け、
隣のエレベーターに乗り、私たちも再び会場入りする。



会場に入ったら、冷牟田さんサングラスしてた。

そしてすぐ、フロアのロフト部分に上がっていった。



タクシーから降りたときサングラスはしてなかった。

多分あれが冷牟田さんの普段の表情なんだと思った。
ステージ上ではクールだけど、普段はすごくやさしくて柔らかい感じがした。


髪が一年前より少し長くて無造作な感じでセットしてて(かっこいい。)、
ヒゲも生やしてた。

ちなみに服装は
濃い紺色?に白のラインの大きめなチェックの入ったシャツに
黒?の細見のデニムに黒の先の尖ったブーツ。





冷牟田さんがいるロフトに次々と関係者が入って行く。


お客さんもソワソワ。



しばらくして冷牟田さんDJがはじまった。サングラスはもうしてない。



曲はロックあり、スカあり。

時々冷牟田さんが曲に合わせ頭を降ったりしてて、なぜだかそれが嬉しかった。


お客さんも踊りまくっていた。そんな曲が多かった。



スカパラでも冷牟田さんの曲が大好きだけど、DJの選曲も好きだ~~~。




自分としては、スカをかけてくれたのがとても嬉しかった。


冷牟田さんにとっては普通の事かもしれないけど、
なんか昨日のスカは(どこのバンドか知らないけど)

とってもとっても嬉しかったのだ。


約40分くらいだったでしょうか。終了。

DJブースから抜ける冷牟田さんにファンの方が握手をしたりプレゼントを渡したり。

それを持って帰る冷牟田さんをみて、なんだかこっちも嬉しくなる。
きっと冷牟田さんも嬉しかったと思う。
だって一年ぶりの活動開始にプレゼントを用意して待っていたファンがいるんだから。



私はサインペンとカードを用意していったけど、声を掛ける勇気がなくあえなく断念。



そして3時ごろ、ホテルに戻りました。

2時間半ほど寝て、朝6時14分発の新幹線に乗って広島へ。

そのまま仕事場(実家だけど)へ直行。




ハードすぎる一日、いや二日でしたが



確実に冷牟田さんは存在した。



当たり前だけど、



それがとても嬉しかった夜でした。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mixanko.blog118.fc2.com/tb.php/393-8534de31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。